ホーム > 公募情報補助金:公募 / 資源・エネルギー電気・ガス / 省エネルギー・新エネルギー支援制度等公募情報 / ガス事業室

災害時の強靱性向上に資する天然ガス利用設備導入支援事業費補助金(令和3年度補正予算)の4次募集を開始しました

募集を締め切りました

2022年7月26日
経済産業省北海道経済産業局

 (一社)都市ガス振興センターでは、災害時の電力供給停止にも対応可能な停電対応型の天然ガスコージェネレーションシステムおよび停電対応型のガスエンジン・ヒートポンプ・エアコンの導入に係る設計費や工事費、機器費等の一部を支援する補助金の4次募集を開始しました。

事業概要

【補助対象者】
家庭用需要を除く全業種(リース・エネルギーサービス等も対象)
【対象設備】
 中圧ガス導管又は耐震性を向上させた低圧導管でガス供給を受け、災害で系統電力の停電時に、発電又は空調を開始・継続できる設備(天然ガスコージェネレーションシステム(CGS)および停電対応型のガスエンジン・ヒートポンプ・エアコン(GHP)等)
【対象施設】
 以下を除く(ア)から(ウ)のいずれかの施設であって、災害時に地域住民に空間、物資、情報等の提供を行うことが可能な施設に設置され、対象設備が当該施設における災害時の役割に寄与していること。
  • ZEB(年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの建築物)
  • 災害時に備えた社会的重要インフラへの自衛的な燃料備蓄の推進事業費補助金(災害時に備えた社会的重要インフラへの自衛的な燃料備蓄の推進事業のうち石油製品利用促進対策事業のうち石油製品(石油ガスを除く)タンク等の導入に係るもの)を活用し、石油製品(石油ガスを除く)タンク等を導入した施設
  • (ア)災害時に避難所等として活用される国や地方公共団体の防災計画指定の施設
    • 指定避難所(福祉避難所含む)
    • 指定避難場所への避難者にサービスを提供する施設
  • (イ)災害時に活動拠点等として活用される国や地方公共団体の防災上中核となる施設
    • 地方公共団体施設
  • (ウ)災害時に避難所等として活用される国や地方公共団体と協定を締結している(見込みも含む)施設
    • 協定による避難所
    • 協定による避難場所への避難者にサービスを提供する施設
    • 帰宅困難者受入施設
    • 災害時帰宅支援ステーション
    • 一斉帰宅抑制事業者の当該施設
    • 物資提供の協定を締結した上で、それら物資の提供を地域住民にも行う施設(地域住民へ提供を行うことを確認できることが必須)
【補助上限額・補助率】
供給方式 設置場所 補助率:CGS
(補助金上限額)
補助率:GHP
(補助金上限額)
中圧 指定区域 1/2
(3.6億円)
1/2
(1.0億円)
上記以外 1/3
(2.4億円)
1/3
(0.66億円)
低圧 全ての供給区域 1/3
(0.6億円)
1/3
(0.66億円)

※政府想定の地震対象エリアおよび政令指定都市等の大都市等

【公募要領等】
 公募要領等の詳細は、以下のウェブサイトをご覧ください。

公募期間

2022年7月14日(木)~8月19日(金)

申請方法

 申請書類の提出は、原則「jGrants」(電子申請システム)上で受け付けます。

※電子申請にあたっては、GビズIDの取得が必要です。ID発行まで時間を要しますので、余裕をもって準備ください。

申請・問い合わせ先

(一社)都市ガス振興センター 事業部 事業グループ
  • TEL:03-6435-7692
    (受付時間 9:00~12:00、13:00~17:20(土日祝、12/29~1/4を除く))

ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 資源エネルギー環境部 ガス事業室