ホーム > 経済動向・統計経済概況 / 企画調査課

最近の管内経済概況
(2022年5月の経済指標を中心として)

~ 持ち直しの動きに弱さがみられる ~

2022年7月14日
経済産業省北海道経済産業局


 最近の動きをみると、

  • 生産活動は、弱含みとなっている
  • 個人消費は、一部に弱さが残るものの、持ち直しの動きがみられる。
  • 観光は、一部に持ち直しの兆しがみられる。
  • 公共工事は、減少している。
  • 住宅建設は、弱い動きとなっている
  • 民間設備投資は、増加している。
  • 雇用動向は、弱い動きがみられる。
  • 企業倒産は、件数、負債総額とも増加している。

 全体として、管内経済は、持ち直しの動きに弱さがみられる
 なお、先行きについては、新型コロナウイルス感染症の影響、国際経済の動向等を十分注視する必要がある。

管内経済概況判断の推移

2022年5月 6月 7月
総括判断 持ち直しの動きに弱さがみられる 持ち直しの動きがみられる 持ち直しの動きに弱さがみられる
生産活動 持ち直しの動きがみられる 持ち直しの動きがみられる 弱含みとなっている
個人消費 持ち直しの動きに弱さがみられる 一部に弱さが残るものの、持ち直しの動きがみられる 一部に弱さが残るものの、持ち直しの動きがみられる
観光 一部に持ち直しの兆しがみられる 一部に持ち直しの兆しがみられる 一部に持ち直しの兆しがみられる
公共工事 増加している 減少している 減少している
住宅建設 弱まっている 弱まっている 弱い動きとなっている
民間設備投資 増加している 増加している 増加している
雇用動向 弱い動きがみられる 弱い動きがみられる 弱い動きがみられる
企業倒産 件数、負債総額とも増加している 件数、負債総額とも増加している 件数、負債総額とも増加している
  • ※強調部は、前月から判断を変更した部分。

「最近の管内経済概況」の全文および「主要経済指標」は以下をご覧ください。



ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 総務企画部 企画調査課