ホーム > IT・情報政策IT利活用 / ものづくり産業活性化イベント・行事 / サービス・観光産業振興イベント・行事 / 流通・物流物流 / 健康・サービス産業課

上士幌町で複数の先進的なドローン配送を取り入れた実証実験を実施しました

~ 観光商品開発・買物代行の個宅配送・牛の検体配送 ~

2021年10月7日
2021年10月11日更新
経済産業省北海道経済産業局

 経済産業省北海道経済産業局、イノベーションチャレンジ実行委員会(実行委員長:上士幌町長 竹中貢)、 (株)karch、セイノーホールディングス(株)、(株)エアロネクストでは、10月6日(水)~10日(日)、上士幌町の各地において先進的な実証実験を実施しており、10月6日(水)にドローン観光商品開発・買物代行ドローン個宅配送の2つの公開実証を実施しました。
 上記実証に加え、10月7日(木)以降、牛の検体のドローン配送の実証実験も新たに実施する予定です。

【2021年10月11日更新】10月6日(水)の実証実験の写真を追加しました。

10月6日(水)実施の実証概要

ナイタイ高原牧場におけるドローンを活用した観光商品開発デモ飛行

 広さ約1,700ha、東京ドーム358個分の面積を誇る日本一広い公設のナイタイ高原牧場で、新たな観光商品開発の実証実験を行いました。
 本実証は、ナイタイテラス内に設えたグランピング特設サイトの利用者がオーダーしたメニューを、麓からナイタイテラスにドローンで配送する新たな観光体験となる検証です。

写真:実証実験の様子1ナイタイ高原牧場を飛行する
物流専用ドローン

写真:実証実験の様子2グランピングサイトへの
フードデリバリー

次世代高度技術活用における個宅へのドローン配送実証

 町中心部から離れた地区での町民の買い物支援を想定し、ドローンによって食料品を民家に配送する実証を行いました。
 オンデマンドによる個宅へのドローン配送は、全国初の試みです。
 本実証では、町民がタブレットで商品を注文、地元スーパーの商品を一時在庫している廃校跡地から購入者の自宅敷地へ、注文商品をドローンで直接配送しました。
 本実証結果を基に、上士幌町では荷物を集積・一時保管するドローンデポを市街地に設置し、地上配送と将来のドローン配送を想定した買物代行サービスを本年11月頃から開始する予定です。

写真:実証実験の様子3個宅配送へ飛行するドローン

写真:実証実験の様子4食品を載せて自宅前に到着するドローン

10月7日(木)以降の実証概要

※本実証は経済産業省「地域産業デジタル化支援事業」(実施機関:(公財)北海道科学技術総合振興センター)を活用して実施するものです。

牛の検体のドローン配送

 (株)ノベルズ(本社:北海道上士幌町、代表取締役 延與 雄一郎)の協力のもと、牛の乳房炎の検体(乳汁)の配送をテーマに、温度管理・振動・ドローン配送と陸上輸送との連携・配送後の検査品質評価等の一連の実証を行い、配送等の課題の多い畜産業界全般におけるスマート物流の実装可能性を検証します。
 ドローンを活用した牛の検体の一連配送の実証は、全国初の試みです。

問い合わせ先

経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 健康・サービス産業課

ページの先頭に戻る

METIロゴ 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 健康・サービス産業課