本文へ移動 サイドナビゲーションへ移動 フッターへ移動

産学官連携

企業が保有する知的財産の有効活用を図るため、様々な角度からサポートしています。

知財活用支援事業

概要 知財活用支援事業では、大学等のみが出願人となる国内基礎出願に基づく外国特許出願の支援を通じて、大学等の知財マネジメントの自律化に向けた知的財産戦略の策定及び知財マネジメント力の強化を目指します(権利化支援)。また、大学等が保有する特許のうち、JST 保有特許の活用に資する特許を、JST が譲り受けるなどして集約します。更に、JST 名義の特許(集約特許や、JST の研究開発事業の成果により創出された特許)の権利化・実施許諾を行うとともに、大学等名義の特許のライセンス(開発あっせん)及びこれらの組み合わせにより、企業への技術移転を推進します。
リンク先 知財活用支援事業
https://www.jst.go.jp/chizai/index.html
問合せ先 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 知的財産マネジメント推進部 大学知財支援グループ/知財集約・活用グループ
【電話】03-5214-8413
【FAX】03-5214-8476
【メール】j-sup@jst.go.jp

HoPE [北海道中小企業家同友会産学官連携研究会]

概要 HoPEは、大学や公設試験研究機関のシーズと企業のニーズが出会い、互いの強みを発揮する中で、新しい産業の創出、ビジネスチャンスの拡大を目指しています。HoPEでは、例会を毎月開催し、中小企業等が主体的に大学等の研究機関の知恵を借り、行政機関とも連携しながら、意欲的に研究開発、知的財産の蓄積を行っています。
リンク先 HoPE 北海道中小企業家同友会産学官連携研究会
https://hope.hokkaido.doyu.jp/
問合せ先 (一社)北海道中小企業家同友会産学官連携研究会HoPE
【電話】011-702-3411
【FAX】011-702-9573
【メール】問合せフォームへ

技術・デザイン